忍者ブログ

Studio VIEWLIX

人生とは、まさにどうしようもないものであり、どうしようもないものであってどうしようもないものである。つまりどうしようもないもの 、簡単に言えば、どうしようもないもの、そのものである。

十数年ぶりに救急車に運ばれました
日記的な感じで残しておこうかと。
こういう時にブログはいい。
雑文注意です。

昨日、いつも通りドラムのレッスン行ってたんですよ。
その後、普通に自転車乗って家に帰ってたんですけど…

突然フラッとしたかと思うと、そのまま意識失いました。

そのまま、誰かに助けを求めるような夢を見たような感覚に襲われ…

気がつくと、周りには何人かの人が。
近くに住んでいた方々が、僕が倒れてるのに気づいてくださったそうで。

もちろんその時の僕は激痛に襲われてました。たぶん自転車ごと倒れてたっぽいです。

救急車を呼んでいただき、色々と応急処置をしてもらいました。
後で判ったんですが、助けてくださった方の一人がお医者さんだったそうで。
脈の確認から適切な応急処置、電話までとてもスムーズにやってくださいました。
本当に医者ってスゲェって思いました。

その後救急車で運ばれました。
助けてくださった方によると、僕は自転車に乗ったまま倒れ、白目で痙攣を起こしていたとのこと。
こんな経験初めてです。

病院に着いた後はヤバかったですね。
緊急診療なんちゃらとかの方々のお陰で少しずつ良くなっていきましたが、それでも吐き気は凄いし擦り傷が痛み、腕は震えてました。
寝たいのに寝れないみたいなストレスがたまり、地獄でしたね(笑)

その後3時間程で退院。今日もう一回病院に行ってきました。
脳波とかは異常無いみたいですが、心電図がちょっと怪しいかもしれないそうなので、これから何回か病院に通って検査する必要があるそうです。
学校休まなくちゃいけないけど死ぬよりマシです。

とりあえず重症にならなくて良かった。
改めて医療に関わる方々の偉大さを知りました。
あと、あの時助けてくださった方々には感謝ですね。あの方々がいなかったら今頃どうなっていた事やら。

今は左足が少し動かしにくいのと、首&タンコブ&擦り傷が痛むの以外は元気です。

とまぁ、ショッキングな事が起こったので備忘録ついでに書いておきました。
本当、人生何がおこるかわかりませんね。

拍手[1回]

PR

コメント

コメントを書く