忍者ブログ

Studio VIEWLIX

人生とは、まさにどうしようもないものであり、どうしようもないものであってどうしようもないものである。つまりどうしようもないもの 、簡単に言えば、どうしようもないもの、そのものである。

生存報告/ミニ三脚/MeobankSD
お久しぶりです。2ヶ月近く開いちゃいました。
生きてます。

この前、18歳になりました。わーい。
いろいろ解禁される年になりました。
なんか無意味に嬉しいですねw

最近受験の年ということで焦ってるせいかテンションが変だと言われがちです。
クラス担任には「受験が近づくに連れて皆ナーバスになる」と言われましたが、自分の場合ナーバスになるというより寧ろ変になってる気がします。
どうしようもねーな。

勉強してると、なんで1年の時からもっと真面目にやって来なかったんだと思うことが多々あります。
あの時ちゃんとやっていれば今こんなのに苦戦しなくて済んだのに、みたいな。
まぁ済んだことは済んだことなので知りませんが(殴)


あっ、全然関係ないんですが今年も夏の家族旅行行くみたいです。
まさかの2年連続中国地方ですが…(笑)
また気が向いたら記事書きますね。


さて、気晴らしに最近買った安いミニ三脚の話とWi-Fi SDカードリーダーMeobankSDを修理に出したを置いていきますね。

以下続きを読むから…



★スリックのミニ三脚




カメラの液晶保護フィルム買い換えるついでに買いました。
値段は覚えてないけど3桁だったと思います。学生のおサイフにも優しい。

今まで100均のミニ三脚使ってたんですが、流石に高さが足りなさすぎるのと、壊れそうで怖かったので一応。
といってもそんなに使うわけではないので、安くて持ち運びが楽なコイツにしました。
意外としっかりした作りです。思ったよりずっしり。
小さいのでウエストポーチ等にも入れておけます。



多分足伸ばしたら20センチぐらい稼げそうです。
自由雲台的なのもついてて便利。
ただ自由雲台は水平が取りにくいですね。水準器が欲しい所。



実際にコレを使うシーンは集合写真か前の人狼動画みたいな動画撮影ぐらいしか無いんですが、持ってると何かと安心です。
こんな感じにモノ撮りも安定して綺麗に撮れます。
集合写真の時も台などで高さを稼げば全然おk。
カメラを固定出来るモノが欲しいけど持ち運ぶのが面倒、お金はかけたくないという人には最高なのでは。

★MeobankSDを修理に出した

以前紹介したWi-Fi SDカードリーダー、「MeobankSD」。
死ぬほど便利だったんですが、この前ついにSDカードを認識しなくなりました。
という訳で販売元の加賀ハイテックさんに問い合わせた所、「保証期間内であれば無償対応するので着払いで送って欲しい」とのことなので送りました。
すると…



帰ってきたのは見慣れない黒い箱
MeobankSDって白い箱なのに…

と思って修理レポートを見ると、「MeobankSDは販売終了していて、部品の在庫が無いので、後継機であるMeobankSD+と交換した」とのことでした。
修理を断らず新型と交換してくれるなんて…
神対応です。加賀ハイテックさん、本当にありがとうございました。



というわけでMeobankSDとの違いを並べたいと思います。

○黒色になって薄くなった(旧型はサイコロ型でした)
○バッテリーの持ちが大幅UP(多分2.5倍)
○専用アプリが用意されて使いやすく
○転送速度がかなり早くなった…気がする
○Wi-Fiパススルー機能がついた
○スマホを充電出来るようになった(多分あまり使いません)
○microUSBを採用、ケーブルをスマホと共用できるようになった

こんな感じでしょうか。
旧型の不満点は8割方改善された感じだと思います。
敢えて挙げるなら、起動に時間がかかることでしょうか。20〜30秒は待たされると思います。
MeobankSDシリーズ最大のメリットはUSBメモリも読めることですよね。
スマホからUSBメモリにアクセス出来る心強さは凄い。

相変わらずクソ便利ですのでデジカメとスマホやタブレットを連携させて使いこなしたいという人にはオススメです。
しかも比較的安いですし。サポートの良さも。


以上、この2ヶ月のネタでした。
また次気が向いたら記事書きます。

拍手[0回]

PR

コメント

コメントを書く